陽南幼稚園・アルバム

タイトル画像

梅雨を楽しみながら・・・

2020年6月26日-001号
雨の日が続き,気分も晴れないように感じられる今日この頃ですが,そんな梅雨時期だからこそ楽しめる絵本をご紹介したいと思います。
画像1

虫の親子がかたつむりタクシ―に乗っておでかけをする「かたつむりタクシー」,雨降りでもご機嫌のぞうくんがかばくんと一緒に池の中を散歩する「ぞうくんのあめふりさんぽ」,年少・ひよこ組さん向けの絵本です。

画像2

林明子さんの作品「はっぱのおうち」
木の葉の家で雨やどりをしている女の子と,小さな虫たちとの交流が静かに描かれたかわいらしい絵本です。

画像3

「ちいさなきいろいかさ」はお気に入りのかさを持って出かけた女の子が雨にぬれた動物たちを次々に入れてあげる心温まるお話。子どもたちに大人気のばばばあちゃんシリーズの「あめふり」,年中組さんにおすすめの絵本です。

画像4

岸田衿子さんの作品「かばくんのふね」
動物園が洪水になり,かばくんとちびのかばくんが舟になってみんなをたすけに大活躍するお話です。

画像5

「おじさんのかさ」自慢の傘を持ちながら決して傘を開こうとしないおじさん。ある雨の日子どもたちの歌に誘われて…。ほっこりする素敵なお話です。「しずくのぼうけん」雨に興味が広がるしずくの旅のお話。年長組さん向けの絵本です。

画像6

絵本で描かれる雨は,心が弾むようなきれいな音や言葉であふれています。読むと心が晴れるような素敵な作品がたくさんありますので,雨で外に出られない日には,ゆっくりお子様との絵本の時間を楽しんでみてください。

画像7

かこさとしさんの大型絵本「だるまちゃん はるのうた ふゆのうた」の1ページ。職員室前に季節に合わせて飾られていますので,お楽しみください。

画像8

もちろん保育の中での毎日の絵本の読み聞かせの時間も大切にしています。

画像9

先生と子どもたちが絵本を通じて心通わせるひととき。

画像10

これからもたくさんの絵本に触れられるようにしていきます。